戻る
戻る

確定申告の時期が近づいてきました

2024-01-19

 日頃より、税理士法人オーレンス税務事務所のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

 今年も確定申告の時期が近づいてまいりましたが、確定申告を行うためには様々な書類を準備する必要があります。

その中で主な控除に関する書類を以下にまとめましたので、確定申告の際に参考にしていただければ幸いです。

 

【所得控除を受けるための書類】

 

1.各種控除証明書類をお持ちの方

・生命保険料の控除証明書(ハガキ等)

・地震保険料の控除証明書(ハガキ等)

・国民健康保険料を支払ったことの証明書類

・国民年金・国民年金基金・みどり年金等の控除証明書(ハガキ等)

・小規模企業共済等掛金の控除証明書(ハガキ等)

 

※上記は控除証明書類の一例です。

 

2.寄付金の支払いがある方(ふるさと納税等)

・寄付金受領証明書

 

3.医療費の支払いがある方

・医療費控除の明細書及び医療費のお知らせ(ご家族分を含む)

 医療費控除額(最高200万円):

 

その年に支払った医療費の総計 - 保険金等で補填される金額 - (総所得金額等×5% または 10万円 のいずれか少ない方)

 

・セルフメディケーション税制の対象品の受領証

セルフメディケーション税制についてはこちら

 

※医療費控除かセルフメディケーション税制どちらか一方を選択することになります。

 

4.本人またはご家族が障害をお持ちの方

・障害の等級のわかる書類(障害者手帳、障害者控除対象者認定書等)

 

※要介護の方がいる場合もお住まいの市町村より障碍者控除対象者認定書が交付されることで障害者控除が可能になる場合があります。

 詳細につきましてはお住まいの市町村窓口へご相談ください。

 

【税額控除を受けるための書類】

 

○住宅借入金の返済がある方

・住宅借入金等特別控除申告書兼住宅借入金等特別控除計算明細書(税務署より発行)

・借入金の年末残高等証明書(金融機関等で発行)

・土地及び家屋の登記事項証明書(初回申告時のみ必要)

・家屋の工事請負契約書の写し、土地及び家屋の売買契約書の写し(初回申告時のみ必要)

 

 上記以外の他の控除を受ける場合の必要な書類につきましては、詳細は国税庁のホームページをご確認いただけますようお願いいたします。